スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
【リノベ住まい】木造一軒家を何気なく和洋折衷
このような、古民家でもないけれど普通の建売ではない木造の一軒家、よく見かけます。
「私の実家!?」と思った方も多いのでは。
昭和55年に建てられた、床面積約80平米の家です。

外観_256

今回はふたりとも働いている大人の親子世帯のリノベです。

LD_400.jpg

外観とかけはなれたポップな住まいも面白いのですが、
この住まいは和風な外観になじむ落ち着いた色合いの、大人の家。
床材はウォルナット、“くるみ”。
扉や縦の部分も、その色に合わせています。

階段_400

キッチンや食器洗浄機の面材も色合わせ!
明るいキッチンに、暗めの色使いはかっこいいです。

K_400.jpg

和室を洋室にすると、細部で消化不良な感じになることもあるのですが、
こういう和洋折衷洋室だといいですね。
和室の板張り天井も、ペイントしてすっきり明るく。
wa1_400.jpg


もとの建物“らしい”リノベ
もとの建具やパーツも無理なく利用できてお得!
濃い色目も、寺院のようでしっくりきます。

古民家や町屋のリノベにあこがれて物件を探す方多いですが、
これがなかなかないんです。
“和”のテイストを残した中古住宅、リノベ向きですよ!
リノベ前提の不動産探し、オーダーに合わせて承り中です、まずは会員登録を!
(ueda)

_____________________

大阪市阿倍野区 木造一戸建て 2階建て76平米
担当コーディネーター:中川富紀子(A&C)  設計・工事監理:岩田雅希(A&C)

テーマ:リノベーション - ジャンル:ライフ

【2012/03/18 16:13】 | ふたりで暮らすリノベーション | page top↑
「ちょっと和風。ほっとする感じ。」の4人家族
A&Cリノベ事例report @福島区

昭和61年築、70平米のマンションを約570万円でリノベーションされたのは
ご夫婦とやんちゃ盛りの男の子2人(4歳と1歳)の4人家族。
「ちょっと和風。ほっとする感じ。」が家づくりとインテリアのテーマです。

「自分たちがこう暮らしたいというイメージどおりに出来上がったので、住みやすく、毎日が楽しいです。
まだ入居して1年も経っていませんが、ずっと住んでいる家のような気がします。」

自慢のポイントやこだわりを教えてください

「キッチンのカウンター。子供達がもう少し大きくなったらスツールを置いて
朝食や軽い食事をできるように作ってもらいました。裏は食器棚になっています。」
000012_800_512.jpg

「無垢(杉)のフローリング。裸足で歩くと、とにかく気持ちが良いです。」
000001_800_512.jpg

「大きな洗面台を廊下側にむき出しに、脱衣所はカーテンのみにしました。」
ささっと使いやすいです。掃除しやすく、風通しも良いです。
000007_800_512.jpg

お友だちや親御さんなどの反応はどうでしたか?

「玄関入ったところの引き戸を見て、マンションなのに一戸建てみたいな感じと言われました。
たしかに既製品のマンションにはこういうのは無いような気がします。」
door.jpg

「あとは段差が2箇所あるので“バリアフリーじゃないね”と言われます。
dannsa_400.jpg
住んでいる側としては逆に、「ここからがキッチン」という境目になって良いです。
(設計の段階で段差の効果についてそのように聞いてもぼんやりとしかイメージできていませんでしたが、実際暮らしてみたら、そのとおりでした)。
子供達も最初つまずいていましたが、今ではジャンプして遊んでいます。」

「リノベーションって自分たちがこうしたいと思ったことが実現できるところがすごいです。
例えば、玄関を土間にする、壁に窓を作る、キッチンの棚のサイズや位置等々。
大きな部分から細かな部分まで決めることが多くて大変なときもありましたが、
それだけに一か所一か所に愛着があります。

「素敵な家」というよりも、「自分たちが大好きな家」が出来たと思っています。
住む人の暮らし方やこだわりを尊重して、
その人や家族にとって理想の(もしくは理想以上の!)家を一緒に作ってくれるのがA&Cさんです。
何度か参加した見学会やたくさんの施工例の写真は、
「こんな風にしたい」とイメージするのにとても役立ちました。
物件を探すところからリノベーションまで、とても信頼できる会社で心強かったです。」

____________________
嬉しいコメントをいただいた担当は、
コーディネーター:岡崎麗(A&C)
リノベ設計監理:松本晃樹(A&C)

写真:平野愛(写真とプリント社)


もともとは、戸建や長屋で物件探しをしておられたのですが難航、
そんな折にふとオープンハウスに立ち寄ったこの物件が「意外に良く」方針転換。
福島区は「昔の町並みが残っているところです。
道も迷路みたいでときどき迷いますが、いつも新たな発見があって飽きません。」

kids.jpg
子どもたちが回遊できるプランを目いっぱい楽しんでいる様子が覗えてこちらまで嬉しくなりました!

■ 中古不動産をリノベーションして自分だけの住まいを手に入れよう!
まずは会員登録を!
■ A&C on twitter @_Arts_Crafts follow me !
■ Do you like it? facebookpage

テーマ:リノベーション - ジャンル:ライフ

【2011/10/24 13:06】 | 子どもと暮らすリノベーション | page top↑
「こだわればこだわるほど楽しいんだなーと実感!」リノベ事例@甲子園
 A&C リノベーション事例レポート@甲子園

ご入居後の様子をプロの竣工写真とお客さまのコメントでご紹介する【事例レポート】

A&Cでの施工事例もこちらで3件目となるこのヴィンテージマンション(昭和43年築)。
80平米の部屋を購入して、約900万円でリノベーションなさったのは、
ご夫婦と子ども2人の4人家族。

AC_Kawaguchi_027_800_512.jpg

『子供達の様子が感じられ、家族が居心地よく過ごせること!!』
をテーマに住まいづくりをしたとおり、
家族で、同じ空間で過ごす時間が多くなりましたというご一家。
上部が空いている白い壁の向こうは子ども部屋。

こんな感じで、「子どもの様子が感じられ、安心します」とのこと。
AC_Kawaguchi_019_800_512.jpg

大人の寝室も、ガラスの向こうのワークスペースとゆるやかにつながる設計。
AC_Kawaguchi_012_800_512.jpg

この大きなガラス引き戸はもともとあったものを再利用。
透け具合がとても素敵だそうです。
AC_Kawaguchi_001_800_512.jpg

ディスプレイが上手い!趣味のもの・実用品・子どものもの、、たくさんあるのにスッキリ。
ちなみにカメラは奥さまの趣味。
AC_Kawaguchi_010_800_320.jpg AC_Kawaguchi_004_800_320.jpg

キッチンも、足元も含め潔いオープン収納。使いやすそうですね~
AC_Kawaguchi_036_800_512.jpg

「新築だと間取りが決まっていて自由度がないのが、自分達とは合わないと考えていて。
勉強不足で完成後をイメージするのが難しかったですが、
造り上げた感!!があって嬉しかったです。こだわればこだわるほど楽しいんだなーと実感できました。
まだ、未完成な所があるのでこれからも、楽しみながら造り上げていきたいです!
リノベーションを選択して、自分達の思い描いていた空間を実現できてよかったと思っています。」

『知識が少なかった私達に、不動産からトータルで本当に親身になって考えて頂き
担当のスタッフの方に感謝!!です。子供達にも大人気でした。今度いつ来るの~と。』
と、言っていただいた担当は
リノベ設計、工事監理:合田昌宏(A&C)
物件仲介、リノベコーディネート:岡崎麗(A&C)

写真:増田好郎

____________________________

上のキッチン写真に写っている鍋の中身は、
なんと私たちのランチにと作ってくださったココナツミルクたっぷりのカレー!めちゃうま!
食べながらのお話で、「もっともっとこだわればよかった~!」とおっしゃっていましたが、
じゅうぶんじゃないですか~!?

ご主人の趣味スペースもできました◎
AC_Kawaguchi_033_800_320.jpg


■ 中古不動産をリノベーションして自分だけの住まいを手に入れよう!
まずは会員登録を!
■ A&C on twitter @_Arts_Crafts follow me !
■ Do you like it? facebookpage

テーマ:リノベーション - ジャンル:ライフ

【2011/09/27 11:58】 | 子どもと暮らすリノベーション | page top↑
TOLA土佐堀 最後の説明会のご案内です!
TOLA土佐堀 9・10月の説明会は、

9/24(土)14時~ 
10/8(土)14時~ 
10/9(日)14時~ でご予約受付開始です。

お知らせしています通り、上記説明会でこの土佐堀のモデルルームはクローズです。
ぜひこれにご参加いただき、次のモデル(11月オープン予定)もご覧になって、
他のお客さまの施工事例写真も参考に、幅広いTOLAのバリエーションを感じていただければと思います。

3組限定のミニ説明会なので、気軽に話ができると好評です!
TOLA te_400

■□■□ 説明会のメニュー ■□■□

■モデルルーム@西区土佐堀
  TOLAって何?
  どういう流れになるの?
  どんな間取りを選べるの?
  建材パーツのメニューを知りたい!
  ところで保証ってどうなってますか?
  中古マンション探しについて、物件のご紹介
  資金プランについて

 
1月にデビューしたTOLA、続々竣工、ご入居されています!
さて、どんな間取りや建材パーツを選ばれたのでしょう??
そんな話もできればと思っています。

お申込みは>>コチラのフォームよりお願いします。

TOLA1_400.jpg

― 連載!A&Cスタッフの“自分ならTOLAでこうする!”―
10年近くTOLAではなく自由設計のコーディネーターをしているのですが、
たくさんのお客さまの家を見てきて「自分がするならコレを使う!」と思っていたコト。
床はチークかパーケット!あ、選べるんですね。
壁は基本真っ白、でも絵画を架け替えて楽しめる
展覧会場のようなシックな色の塗装仕上げの壁!え、それも選べるんですね。
水廻りはシンプルでお手入れしやすいのが一番!
どこかに古めかしい柄のガラスとかクロスとかブラケット照明とか
着物の半襟のような、ちょっぴり派手でときめくポイントがほしいんです~
えぇ、それもあるんですね!わたし、TOLAです☆
(コーディネーターN)
_____________________________________________________

□□中古不動産をリノベーションして自分だけの住まいを手に入れよう! 
  まずは会員登録を!
□□

テーマ:リノベーション - ジャンル:ライフ

【2011/09/13 18:32】 | TOLA “トラ” | page top↑
ヴィンテージマンションでTRUCK FURNITURE! リノベ事例レポート@桃山台 
 A&C リノベーション事例レポート@桃山台

ご入居後の様子をプロの竣工写真とお客さまのコメントでご紹介する【事例レポート】

撮影に行ったのは引っ越されて約1年後。
「自然が多いまわりの環境も影響して、
日曜日にパンを買いに行って家で食べたり、コーヒー入れて飲んだりという、
ゆっくり時間を過ごすことがとても心地よいです。
最近、メダカを飼い始めました。」という30代のお2人は
Webの制作会社(夫)と塾の事務職(妻)。
レトロかっこいい昭和47年築のヴィンテージマンションを1860万円で購入され、
約680万円でリノベーションされました。

AC_Tatara_020_800_512.jpg

「TRUCK FURNITUREの店の雰囲気が好きなので、
その雰囲気を目指しています。」

「こだわったのはフローリング、足場板キッチン、ペンキ塗り あたりです。
ずっと無垢のフローリングにすることに憧れていました。
個人的に、水拭きしたときのフローリングの木の香りが良いです。」
AC_Tatara_002_800_512.jpg

「キッチンは、足場板で制作していただいたのですが、思っていたよりハードな感じはなく
ナチュラルに仕上げていただきました。
木のぬくもりがあります。
料理するのが前より好きになったような気がします」

AC_Tatara_014_800_512.jpg

「ペンキ塗りは、
全部やってもらうのではなく、
自分たちの手を動かして塗ったことで、愛着がわいていますし、自信も少しつきました。
できることはやってみようという気持ちも生まれ、
今後も少しずつ、自分たちで工夫したいと考えています。」
(部屋の塗装はほとんどお二人でセルフペイントされたのです!)
AC_Tatara_007_800_512.jpg

「リノベーションしてみて、
自分たちで作り上げていく楽しさがありますが、自分たちの知識では難しい部分もある。
実際オリジナルのキッチンをつくるまでは良かったが、
その収納方法などまだ解決できていなくて試行錯誤しております。
でも新築の一戸建てやマンション(既製品)を見学して回ると、
残念なフローリングが多かったが、リノベーションを選択することで、
クオリティの高いフローリングが実現できたことはとても嬉しく思っています。」

AC_Tatara_006_800_512.jpg

ブログを見ている方にメッセージなどあればお願いします!!
「夏のペンキ塗りは危険です。」(なるほど!)

リノベ設計・工事監理:岩田雅希(A&C)
コーディネーター:中村美保(A&C)

写真:増田好郎
____________________________

この地域に引っ越して来られて、
おすすめ情報など教えてください!とお願いしたところ
「いいところは、自然が多い・クーラーなしでOK(超エコ)」
・サニーサイド(パン屋) ・バフストックヤード ・ポパンクールカフェ ・開運丸
いろいろ教えてくださいました◎


■ 中古不動産をリノベーションして自分だけの住まいを手に入れよう!
まずは会員登録を!
■ A&C on twitter @_Arts_Crafts follow me !
■ Do you like it? facebookpage

テーマ:リノベーション - ジャンル:ライフ

【2011/09/13 17:41】 | ふたりで暮らすリノベーション | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。