スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
大学時代の同級生と設計事務所を立ち上げ、
そちらの仕事も続けながら現在A&Cで活躍中の設計スタッフ(37歳男性)に
インタビューしてみました!
A&Cにデスクを置き一緒に仕事をするようになって約5年になります。

_________________________________

決まりきったものがないから自分を出せる。
何が起こるかわからないから、知識と経験が役に立つ。


― 経歴を教えてください

大学卒業後、地元ではかなり大きい工務店に就職しまして。
そこに5年間いる間は、マンションや個人住宅などの設計と工事監理が主な業務でした。
若い設計者である僕の意見も取り入れてもらえたし、実施コンペに参加して仕事が取れたりと、いろいろ任せてもらえてやりがいのある職場だったんです。
けど、会社が大きかったので分業になってて、実際のお客さまと話す機会が少なかったのと、一通りのスキルは身につけたかな?と思えてきたのもあり退職しました。
休みもほとんど無かったしなぁ~!

― 次を決めずにですね。今どきの「自分探し?」(笑)

そう、1年ほど社会勉強というか充電というか、、、、まあ外国行ったり遊んでたりというか。
そうこうしている間に、別の会社を退職していた大学時代の同級生と会って「一緒に設計事務所始める?」みたいな話になって。
当然最初は仕事なんて来ないですよー、何でもやりましたよ。基礎工事の穴掘りとかね。土方仕事はけっこうやったかな。でも2,3年めくらいから個人住宅とか店舗の仕事とかがぽつぽつと入り始めて、「設計事務所やってます」的な体裁になってきました。

― で、どうしてアートアンドクラフトに?

物件の見学とか何回かしてて以前から知ってたんですよ。
で、5年目くらいのときに「何か一緒に仕事できませんか?」みたいな感じでコンタクト取ったら、ちょうど人を探していたらしく「じゃあ合流する?」ってなって。
でも自分たちの事務所もあるしこれまでのお客さんもいるし、そういったのは継続しながら一緒にできませんか?という提案もOKだったので、問題なく。

― いまも、昔のお客さんと仕事してますよね?

昔の物件のメンテナンスや2店舗目でまた声をかけてもらったり。前のクライアントさんが紹介してくれた仕事とかも来ますね。今は店舗が多いかな。

― アートアンドクラフトの仕事をして、まず思ったことは?

決まりきった仕様がないこと。僕がこれまで経験した会社では「当社標準仕様」っていうのがあって、それに応じて設計していくんです。でもA&Cではお客さんの希望に合わせて考えて、選んで、納めていく。それが新鮮でもあり、僕がいちばん楽しいところです。自分の色とかデザインを出しやすい。
あと、お客さん自身も決まりきった人がいない(笑)。いろんな人がいて、いろんなアイディアを持ってきてくれて、それを僕が形にする。それがちょっとしたチャレンジを伴うことでも一緒に楽しんでくれる。そういうのが何て言ったらいいかわからないんですけど、、、、すごいなぁとか感心しますね。

― リノベーション設計・監理っていう仕事は面白い?

すごく気に入ってます。紙の上でどんなに詰めて設計しても、リノベーションってその通りならないことがある、っていうかすごく多い。いざ解体していったら「こんなん出てきた、プラン変更!」なんてしょっちゅうですけど、その場面に応じて考えていくのが面白いんです。自分が今までやってきた経験と知識が目いっぱい生かせる場面で、実は解体工程がいちばんドキドキして好きです。

― このページを見ている方にメッセージをどうぞ!

社会情勢とか価値観とかを含めて長い目でみても、今後リノベーション業界は伸びると思うので、設計者としてここの実力をつけておくのはいいと思いますよ。設計もいろいろあるけど、僕はリノベーション設計お薦めです、楽しいから!


________________________________

また、A&C歴10年になる設計スタッフにも話を聞いてみました。
彼女はいまクライアントとの打合せや現場監理以外は在宅というスタイルで、
子育てと仕事を両立しています。



いつ働くか、どこで働くか、どう休むか。
仕事の進め方次第で自分でスケジュールを組み立てられるこの仕事。
乗ったときは朝まで図面や打合せの準備をすることもあるし、子の風邪や突然の発熱(ついでにうつって自分も発熱とか)でまったく仕事ができない日が続くこともある。

それでもこの仕事を続けていけるのは多分リノベが好きだからっていう事プラス、働き方や量を調整できるこの仕事形態とそれを受け入れてくれる職場の雰囲気があるからこそ。 
拘束されずに自由に働くのがお好きな方には最高の職場ですよ~! 


_________________

このように、A&Cのスタッフは常勤、在宅、フレックス・・・・ さまざまなスタイルで自分の生活や環境に合った働き方を選んでいます。
これは設計スタッフのみではなく、コーディネーターや事務スタッフも同じ。
仕事に自分の生活を合わせるのではなく、自分に合った働き方を選ぶ。
既製品の住まいに自分の暮らしをあてはめるのはイヤだ!という思いでリノベーションを始めたのですから、当然の働き方ともいえます。

これをご覧のみなさんも、リノベーションが好き、やりたいということプラス
「自分はこんな風に働きたい」ということもぜひご相談くださいね。

【2009/09/26 11:52】 | その他 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。