スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
竣工☆レポート@千里中央
竣工レポート、たくさんの方にご愛読いただきありがとうございます!
できたての物件を、実際の担当者のナマの声で解説していますので、
A&Cのスタッフもけっこう読んでしまうんです。

さて今日ご紹介するのは、千里中央のマンション
25年程たった今もシンプルな外観が格好よく、
さらに廻りの植栽と相まって良い雰囲気をかもしだしている、
遠藤剛生氏設計のマンションの一室をリノベーションしました。
202_soto2.jpg

________________________________

A&C竣工レポート 2009_5
設計デザイン・工事監理 木村久美子


既存の間取りも長方形の一般的なタイプと違い、
小さい正方形の部屋を雁行させて組み合わせたような形状です。 
このタイプ、大空間は作り辛いのですが、
今回のお客さんの住まい方には相性ぴったりでした。
k01.jpg

真ん中の広いリビングでは家族みんなでワイワイがやがや。
距離をとりたい場合は両端に分散している個室でくつろぐ。 
既存の間取りをほぼ利用し、部分的に広くしたり、小部屋に分けたりすることで、
ご希望の生活スタイルに当てはまるものに変わりました。

k02.jpg


内部は綺麗だったので、使える部分はそのまま使い、
手を加える部分は妥協せずに気に入ったモノを使いました。 
その気に入ったモノの一つがナラの床材。 
正方形に加工されたパーケットと呼ばれる無垢フローリングで、お好みの色に塗装しました。
木目が柔らかく落ち着きます。 
年を重ねても味わい深い無垢の床はやはり見ても触れても気持ち良いです。

k03.jpg


広いLDの隣にタタミスペースを配置しました。
フチナシ畳で和モダン的なので開けっぱなしていても違和感ナシ。
フスマをしめると客間としても使えます。

k04.jpg


玄関や洗面トイレは渋く落ち着く雰囲気にする色目を選び、
明るいリビングダイニングと対照的な空間にしています。

k05.jpg


お客さんがご自分達に合ったよい物件を選ばれたので
あまり大きな改装をしなくても希望に合った住まいに変身しました。

リノベーション予算が完全に決まっていた為、
設計途中に予算が合わず諦めて頂いた事項もありました。が!!! 
”こういう風に住みたい”という生活イメージをしっかり持っておられたので
本筋は全くブレず、暮らし方にしっくり合う家になったように思います。


【木村久美子】

「いいなぁ~」と思ったアナタ!
ストリノ講座【設計デザイン編】ただいまご予約受付中~☆

_________________________________

* 会報誌「ACB」ただいま第5号配布中!バックナンバーはコチラ
*  リノベ見学会や新着不動産情報が届く!会員登録はコチラ

__________________________________

テーマ:リノベーション - ジャンル:ライフ

【2009/05/14 14:50】 | ふたりで暮らすリノベーション | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。