スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ダブル☆リノベ施工例見学会!@天満橋
予約受付は終了いたしました

【会員さま限定♪要予約!】
リノベーション事例見学会@大阪市西区阿波座
 1月18日(日)13時~16時
地下鉄阿波座駅から徒歩3分。
都心居住を実現できるエリアに建つマンションの1階61㎡の物件です。
1階部分の特権として嬉しい専用庭付きのお部屋です。
_________________

「自分たちが木の質感が好きなので、本物の木を使いたい」
「設備機器は必要な機能だけを備えたシンプルなものでいい」という方針のもと、
設定した予算のなかでしたいことをバランスよくやろう!というのが
このお家のテーマです。

「木を触るのが好き」というお客様のこだわりは、
約23畳のワンルームとなるLDK+ベッドスペースの床を全面「木の床」にすること。
使うならもちろん本物の木を・・・でもローコストで・・・ということで、
ダイナミックな木目が特徴の松の構造用合板を90cm角の正方形に加工して床材としています。
その床の保護と着色には、植物油からつくった天然塗料を使います。

pine.jpg
(^_^)/ 本来は壁や床の下地として使う材料なのです。松の木目が豪快!


それなら壁にも木を使おう!ということで、新しくつくる間仕切壁はシナベニヤ仕上げです。
その壁面に明かり採りとして嵌めた柄入りのアクリル板がポイントになっています。

02シナベニヤ壁


「少しでも玄関を明るくしたい」というご希望から、
玄関廻りの壁や建具にはガラスを嵌めて光を取り込みます。
「長屋みたいな雰囲気も好き」ということで選んだガラスはレトロな雰囲気がかわいいです。

grass.jpg

設定した予算の中でしたいことをバランスよくやる!というテーマに沿って、
素材や設備器機などを潔くシンプルで飾らないものを選んでいきました。
もちろんこだわりポイントは実現させて、バランスのよい住まいができそうです!
ぜひ見学にいらしてください。

(設計・工事監理担当:枇杷健一、佐々木貴子)

________________

限られた予算のなかでの、費用配分を考えるとき、
「LDKを中心にやりたいことをがっちり実現、でもまったく工事しない部屋もあり」
「全体に手を加えたいのでイメージは守りつつできるだけローコストで」
という2パターンに分かれます。こちらの事例は後者。
リノベするなら絶対全部やりたい!でも予算が心配~(+_+)という方、必見ですよ!

* 会報誌「ACB」ただいま第3号配布中!バックナンバーはコチラ
* 会報誌「ACB」をはじめ、リノベ見学会や新着不動産情報が届く!会員登録はコチラ

【2008/12/16 15:05】 | イベント | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。