スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
モダンに齢を重ね続ける ヴィンテージマンションリノベ事例
西宮市にあるヴィンテージマンション(昭和43年築)
A&Cいちおしのこのマンションで、4件目の事例
重厚でモダンな建物の魅力に射ぬかれた夫婦の暮らしです




おふたりは初めに、ひとつのカップを持ってこられ
その手触りと造形的な美しさを手掛かりに、
目指す暮らしの空気感やベクトルを設計者に伝えられたそう。

訪れてみると、隅々までその空気感が漂う暮らしでした。

---

まずは、玄関をあけてみます
nishinomiya.jpg
ここは、この先にひろがる居室の前段的な空間です。
その日来ていたコートや靴カバンをしまえる場所を作っているので
余計な家具を置かずすっきり広い。



そこを過ぎて、いざリビング!

好きな建物は
バリのリゾートホテル“アマンキラ”に、かの“サボア邸”
どちらも石と庭園と共存する回廊が印象的な建物です。
そのエッセンスをアレンジして取り入れました。
nishinomiya (3)
天井が低いので床を明るく、壁に濃いめの色合いをということで、
床は石にも見えるリノリュームを大胆に。
バルコニーは大きく枝を広げる木々がちょうど正面に見える高さ。
雨も似合います。


門型にかまえる構造体(壁・梁・柱)を逆手にいかした
オープンキッチン。低く籠れる感じに落ち着きます。
奥には1.5畳分ほどのパントリーがあってストックなどを隠して常備。
nishinomiya (5)


玄関からの視線をやんわり遮るこの家具は、
実はアイロン台も兼ねて設計しました、便利!  
nishinomiya (6)
      

黒い引戸の向こうは縁側のようなインナーバルコニー
nishinomiya (7)
何の為というわけでもない余白的空間があることで
全体におおらかさが広がります。


中庭から光が注ぐ寝室
nishinomiya (4)
開放的な寝室に躊躇される方も多いと思うのですが
家の中の一等地に寝室を配置することで生まれる
気持ちの良い目覚めって本当に本当に贅沢です。

---

中庭に広がる自然が魅力でした。人の手によって植えられた植物が
長年かけて本物の自然になる。それは新築の物件では絶対得られないもので、
どう建築に取り込んで、楽しむのかを一番に考えながらプランニングしました。
(担当建築士 東山)

nishinomiya (2)
まるでずっとここに住んでいるかのよう。


自由設計型リノベーション/西宮市/マンション108㎡
設計・工事監理:東山烈
コーディネーター:中村美保
購入+リノベ費用 約3000万円



同じマンションでの、別の事例はこちら⇒ 
設計ではお互いに参考にしあうなんて場面もありつつ、それぞれの暮らしを楽しまれていますよ。


    ■ リノベ前提の不動産探し、オーダーに合わせて承り中です。まずは会員登録を!■

テーマ:リノベーション - ジャンル:ライフ

【2012/07/14 21:32】 | ふたりで暮らすリノベーション | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。