スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
木造平屋にバイクと暮らす! リノベ事例レポート@都島 
 A&C リノベーション事例レポート@都島

ご入居後の様子をプロの竣工写真とお客さまのコメントでご紹介する【事例レポート】
広告制作関係のご夫婦、お父さんソックリの0歳児3人暮らしのこちらは、
昭和30年代の木造平屋(約70平米)を購入され、約1200万円でリノベーションされました。

家づくりのテーマは “好きなように和洋MIX”
まずはハーレーとアメリカンなダイニングテーブルからイメージづくりに入りました。

「いちばんの自慢は部屋からバイクが見えること」とおっしゃる通り、
どうです、このリビングと土間の一体感!
AC_Yamakata_007_800_512.jpg

見返しはこのとおり。大きな透明ガラスの引き戸で仕切っています。
AC_Yamakata_001_800_512.jpg
遊びにきたお客さんにも、めずらしい平屋と室内の眺めが好評とか。
市内で平屋はほんとうに珍しいのです!

屋根裏を利用してロフトを。ハイサイドライト(壁上部にある窓)は新設しました。
AC_Yamakata_026_800_512.jpg

ロフトから見下ろすとこのとおり。天井扇が有効です◎
自慢その2の“杉の床材”は、ご自分たちでブラウンに塗装されたもの!
「今も裸足で気持ちよいですが、 さらに時間が経って味が出てくるのが楽しみです」
AC_Yamakata_023_800_512.jpg

キッチンはこんなかんじでオリジナル制作 解放感ありますね
キッチンからもバイクが見える!
AC_Yamakata_018_800_512.jpg

中庭の見えるお風呂と、色が効いた洗面 丸窓も好評とか。
AC_Yamakata_019_800_256.jpg AC_Yamakata_021_800_256.jpg

外観も周りの雰囲気になじませつつも大きく印象を変えました。
お客さまからは「玄関ドアにも網戸を付けておけば良かった、蚊が多いです・・・(^^;)」という反省も。
AC_Yamakata_050_800_512.jpg

一戸建てリノベーションは、マンションより自由度が高いぶん、
方向や可能性の選択肢も幅広く、決断するのが大変な場面もあります。
はじめは、設計の合田に「任せます」と言っていただいたおふたりも、
打合せの回を重ねるごとに乗っていかれたモヨウ。
「毎週毎週なので大変だけど、思いが形になるのは楽しかった」というご感想をいただきました。
また住み始めてからは、
「家って生活に合わせて自分たちで手を入れて行くものなんだなぁと思いました」とも。
古いバイクに、手をかけ愛するご主人ならではの心意気ですね!

リノベーション設計・工事監理:合田昌宏【A&C】
コーディネーター:大村直子【A&C】

写真:増田好郎
__________________

ちなみにご購入された時点ではこんな状態!
気に入った場所で手ごろな物件を見つけたら、
建物がどんなに古くてもご自分で没にせずにいちどご相談くださいね。
ybefore1_256.jpg ybefore2_300.jpg


■ 中古不動産をリノベーションして自分だけの住まいを手に入れよう!
まずは会員登録を!
■ A&C on twitter @_Arts_Crafts follow me !
■ Do you like it? facebookpage

テーマ:リノベーション - ジャンル:ライフ

【2011/08/09 16:59】 | 子どもと暮らすリノベーション | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。