スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
長屋暮らしのすすめ
やはり春は人の移動シーズン、
アートアンドクラフトにも住まいやオフィスの転居のご相談が多くなっています。

いま、2物件「賃貸だからこそ!」の物件をご紹介しています。

八尾末広町の長屋(値下げしましたよー◎)>>詳しくはコチラ
ファサード2_160 土間_160 梁_160 階段_160

池田菅原町の長屋>>詳しくはコチラ
外観_s_160土間_s_160 床の間_s_160 階段_ss_160


こういう住まいは、賃貸だからこそ。
古い日本家屋や長屋を購入してリノベーション、となると
これが住宅ローンの壁に阻まれて、なかなか難しいんでございます。
購入も一苦労しますし、
リノベ工事も基礎から直したり屋根も壁も、、
内装にかけるお金があんまり残ってないなんてことになるんです。

それがどうです!もうリノベが出来ていて、気軽に賃貸で入れるなんて!
最新のマンションや、カッコイイ系のインテリアが自分的にしっくりこない方はもちろん、
こういう家は考えたことなかったわ~という方にも一度ご検討いただきたい!

わたし、その昔、数年間賃貸長屋に住んだことがあったのですが、
暑い、寒い、ドアがない(全部引き戸だから)、
カギがねじねじ方式でなかなか閉まらない、雨音で目が覚める、、
何というか、いろんな意味で感覚が「ダイレクト」なんですよ。

だからよく晴れた湿度の低い日がものすごく有り難かったり、 
気温の2~3℃の変化を起きた瞬間から感じられたり。

その前は普通のマンションに住んでいたのですが、
そのときイケてると思っていた家具やインテリアが、どうも嘘っぽく見えたり
逆に、がらくた?と思っていたものが生き生きしていたり。
そして、来た友人がもれなく大喜びしてくれます。
今でも「あの家いまどうなってるん?」と聞かれます。

そんな経験が なんと月額7万円から!
子どものころからずっとマンション住まいだった方には、ぷち留学くらいの環境変化ですよ。
ぜひ一度経験してみてください。あなたの「すべらない持ちネタ」になること請け合い!

(か)

当社代表中谷も一部執筆した、こんな本も

テーマ:リノベーション - ジャンル:ライフ

【2011/02/12 17:32】 | 不動産  | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。