スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
竣工☆レポート@城東区
A&C竣工report@城東区  

母娘で暮らす マンション全面リノベーション
md.jpg

コーディネーター 岡崎麗
リノベ設計・工事監理 岩田雅希

突然ですが!
日本の平均世帯人数って2人台(大阪市は区によっては1人台)ってご存知ですか?
2人といってもその関係はさまざまで
標準世帯とされてきた、両親+子ども2人という家族構成のほうが今となってはよっぽど少ない。

「家って新婚さんや核家族向けのマドリしかないの?」
という疑問をかかえてお会いした女性は60代お母さんとのふたり暮らしでした。

「60㎡あれば十分なんだけど
おとなの部屋がきちんとふたつ必要で、家に居る間は程良く離れてたいんです。」
なるほど、あえて探すとなると見つかりにくいですね。。
くわえて大事なのが和室だそうで、しゃんとしたおふたりですが実は畳でごろごろが好きとのこと。
わかりますわかります。。

そうして、できあがった家がこちら。
LDK.jpg
普段はこのように板間と和室(母の寝室)をあわせてリビングに。
分譲マンションでは、とりあえず、な和室がこの家では主役級に大きいの伝わりますか?

公園が見える日当たりのいいバルコニー側には縁側もつくりました。
enngawa.jpg

和室の襖の向こうは両側の部屋から使える大容量のクローゼット。
一部屋ぶんある広さです!
これは娘さんの部屋側からみた写真。
このクローゼットが二つの部屋の距離を保っています。
ka-tenn.jpg


使った素材は和洋が混ざったようなイメージで統一。
釉薬のモザイクタイル
kametile_320.jpg


洗面ボウルは公共施設などで多用されるもの。
まるい形がかわいくて、ハブラシなども置けるし使いやすそう。
wash.jpg


今回は畳のフチまで選びました。
キッチンの釉薬タイルと同じ六角形模様。細かいっ!
tatami_320.jpg

ちいさなことですが、それが触れる場所だったりすると
それだけで嬉しかったりするんです。住み始めてから実感しますよ。

そういえば、光が散らばる廊下の照明は
設計の岩田がレトロなガラス屋さんをご紹介して購入されたもの。
light.jpg


ときには設計からはなれて、インテリアや家具の耳より情報もご紹介したりもしています。
お返しに、お客さんから最新家電の情報を教えていただいたり
(買い換えるタイミングの人に教わるとすっごく参考になるんです)
はたまた現場近くで見つけた美味しいお店情報を交換したり。
実は竣工後、何年たってもそれが続くお客さん、多いんですよ(笑)
そんな経緯もふくめて楽しんでもらえたら嬉しいです。

【report:岡崎麗】

_________________________

中古不動産をリノベーションして自分だけの住まいを手に入れよう!

まずは会員登録を >> コチラから


テーマ:リノベーション - ジャンル:ライフ

【2010/09/10 10:52】 | ふたりで暮らすリノベーション | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。