スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
竣工☆レポート@福島区
最近毎週upしております竣工☆レポート
「最近いっぱい竣工してるんですね」とよく言われまして、
読んでくださってる方が多くて嬉しいです!

さて今日のレポートは先月見学会も開催したコチラ!
お客さまからのオーダーは 「風通しのよいワンルーム」
_________________

【A&C竣工レポート】 at 福島区のマンション  2009_05
担当コーディネーター 大村直子

このお部屋を初めて私が見た印象は、
何もかもが昔のままのボロボロの荒れ放題。
これは全面リノベーションする人しか買わないやろなあ~

M邸ビフォー
(水平も垂直も総柄でした。。)

しかし!「立地は便利だし、共用部はきちんとしてるし、、
角部屋で通風や眺望もいいし、これはいいよ!」とオススメしたところ、
気にいってくださり早速ストリノ計画がスタートしました。

既存の間取りは玄関側の1室と水周りとLDK。
設備の配置をなるべくそのままに、もとの間取りを生かしたプランとなりました。
Mさんからは「風通しのよい1ルームに!」が大きなご要望です。

syuunou
(↑コレ、上のbefore写真とほぼ同じ位置から撮っております)

1ルームだと玄関から全体が丸見えになりがちですよね。
また、窓の多いお部屋は壁側に大きな収納スペースが取りにくい。
そこで、上の写真のように玄関とリビングの間に
【収納・間仕切り・目隠し】を兼ねるBOX家具を2つ配置しました。
この中にはキッチン家電、食器棚、
ストック類などが収まります。高さも天井より低めに風通しをキープ。

玄関横の部屋は、お仕事の勉強部屋に。
workroom.jpg

仕上げは白茶の市松Pタイルとフローリング、壁天井も白で。
洗面ボウルは和風テイストのものを選ばれました。陶器製です。
WASH

コスト配分もいい具合に、機器類はシンプルなものを選ばれています。
キッチン
このキッチンはアートアンドクラフトでも3指に入る売れっ子。
シンプルでリーーーズナブル!

完成形は、動きやすさ抜群の1ルームになりました。
気になるお風呂周りなど、これからカーテンをプラスされるそうです。


突然よいかんじの物件が目の前に現れて、
思う存分自分用にリノベができた、
一人暮らしの人にはとってもうらやましい事例だと思います。
不動産ってご縁ですよね~。
コーディネータ業務も最初から最後まで楽しませていただきました。
またよい出会いがありますように。ありがとうございました。

【大村直子】

_________________________

M邸2
見学会の様子。
担当者からの説明はついつい熱くなってしまいます。
これは多分、収納の棚板の間隔について語っているものと推測。

_________________________

アートアンドクラフトの会報誌【ACB】ただいま最新号配布中!
IMG_0452.jpg

今号のテーマは「1ルーム革命」ですよ!
ACBは会員さまに定期郵送しておりますほか、
スタッフがステキだな~と思ういろんなショップやカフェなどに置いていただいております。

* 会報誌「ACB」ただいま第5号配布中!バックナンバーはコチラ
* 会報誌「ACB」をはじめ、リノベ見学会や新着不動産情報が届く!会員登録はコチラ

___________________

スポンサーサイト

テーマ:リノベーション - ジャンル:ライフ

【2009/05/28 16:28】 | ひとり暮らしのリノベーション | page top↑
オフィス竣工☆レポート@西本町
竣工レポート、ご愛読ありがとうございま~す。
さて、本日は、少し前に竣工しまして、
みなさまにはおすすめ賃貸オフィスとしてご紹介しておりました【KOS西本町ビル】です。
残り2区画ですよ~、ご検討くださいまし。

__________________________

A&C竣工レポート 2009_5
設計デザイン・工事監理 枇杷健一

以前、賃貸オフィスを探していた時から思っていたことですが、
直感で「これは良い」と思える物件がホンマに少ないですよね。
特に小さなビルは共用部が狭いし、専有部も質感がなく味気ない仕上げ材に白色蛍光灯。
なんでオフィスのスタンダードはこんな風になってもーたんや!と
常々思っていたところにKOS西本町ビルのリノベ−ション依頼が来ました!

工事前の写真。
写真1_200
写真2_200

築20年の時代性が色濃く反映された御影石張りの外壁と、
鏡面ステンレスの飾り金物が印象に残る外観。
各階共用部も外観同様に違和感のあるゴージャス感。
専有部は淡い水色のタイルカーペットの床に量産クロスの壁。
白色蛍光灯が付いた、まさに質感がなく味気ない執務空間といった感じでした。
 
全11フロア中、空室フロアの中、1・2・11階の3フロア+屋上が
リノベーションの対象として計画がスタートしました。

工事後の外観。
写真3_200
写真4_200

1階テナントとビル入口を1枚のスチール製の大きな開口部にしました。
御影石だった部分には艶やかな質感のある白い釉薬タイルを採用。
屋外の仕上げ材を使い通路を路地のような雰囲気にして、
テナントが角地にあるような効果を狙いました。

2階はオフィス2室に分割し、特徴ある細長いオフィス空間となりました。
写真5_200
写真6_200

寄せ木のチーク無垢フローリング床材は2重床にも対応した優れもの。
タイルカーペットと同様に貼ったり剥がしたりが可能です。
大きな入口扉は鉄の黒皮(鉄板素地)仕上げで独特の黒色で奥深い質感があります。

11階は明るい1フロアオフィス。給湯室も専有部内にあります。
写真7_200
写真8_200

2階も同様ですが、電子レンジやIHヒーター、ミニ冷蔵庫も標準装備です。
照明は配線ダクトと調光器を備え、職種に合わせた光環境を作ることが可能となっています。

狭く特徴がなかった共用部に一工夫。
徹夜組のクリエイターさんにはうれしい設備として
1階にはシャワー室を設けました。
トイレは広々としたスペースを確保、女子トイレには全身鏡やカウンター&スツールも設置。
各階のサインも手抜きなし。
写真9_200
写真10_200

さらに、屋上庭をつくりました。ランチのみならず仕事や打合せで使っても最高です。
そして何といっても喫煙者の楽園ですよね。(私も喫煙者です)
写真11_200


オフィスの移転や、新たに構えようとした時に
自身でお金と時間を掛けて素敵なオフィスをつくることができる人はまだまだ少ないと思います。
相場の賃料で、魅力的な共用部と一定のデザイン性のある賃貸オフィス商品
が増えることを望んでいるユーザーは私も含め多いのではないでしょうか?

常々、思っていたことを提案、実現できたKOS西本町ビルのリノベーションは
私にとって良い経験となりました。(ビルオーナー様ありがとうございました)
これからも「こんなんあったらいいよね~」という需要があるのに市場にないものを
模索し提案していきたいと思います。

以上、簡単ですが竣工レポートでした。

【枇杷健一】

________________________________

関係ないですが、というかあるんですが、
アートアンドクラフトの会報誌【ACB】ただいま最新号配布中!
IMG_0452.jpg

こちらも気持ち良さそう~なルーフガーデンをしつらえたお住まいをご紹介。
ACBは会員さまに定期郵送しておりますほか、
スタッフがステキだな~と思ういろんなショップやカフェなどに置いていただいております。
* 会報誌「ACB」ただいま第5号配布中!バックナンバーはコチラ
* 会報誌「ACB」をはじめ、リノベ見学会や新着不動産情報が届く!会員登録はコチラ

___________________


テーマ:リノベーション - ジャンル:ライフ

【2009/05/21 16:12】 | オフィスやショップのリノベーション | page top↑
見学会@谷町6丁目マンションリノベ!
実際にリノベーションした住まいを見に行こう!

ストリノ講座の現地編 【施工例見学会】のご案内です。(会員限定・要予約)
6月7日(日) 11時~15時 at 谷町6丁目のマンション (詳細は下部)

スケルトン
これは解体直後の様子(広っ!)。お客さまに現場説明するコーディネーター・中村。
この物件は物件の仲介もアートアンドクラフトです。
以前はご年配のご夫婦がお住まいで、こんな↓カンジでございました。

before.jpg

そして竣工間近の様子 明るい!そして居住スペースは扉ナシなんですが、
どん!丸見え!ではなく、パーティション間仕切りが効果的です。
竣工間近

_______________________

雨の日でも遠方でもいつも大盛況の【施工例見学会】
みなさんおっしゃるのは「やっぱり写真ではわからないですよね~」というコト。

そうなんです、アートアンドクラフトがおススメしている素材感、
ざらっとした感じ
どっしりした感じ
使い込んだ感じ
暖かみのある感じ
・・・以下略・・・
って、やっぱり実際に触れてもらわないとわからないんです。

あと、
ゆるやかに仕切った感じ
広々とした感じ
ざっくりした感じ
・・・同略・・・
そういうのも、見ていただいてナンボ!と思っておりますので、
ぜひ足をお運びくださいませ。

で、前置きが長くなりましたが、
今回は谷六にある、昭和40年代のマンションです。
当時、大阪市住宅供給公社が分譲した物件で、
1~3階は完全な事務所で、以上が区分所有の住まい。
廊下なんかも、ビルっぽくてオモシロイと思われませんか?
ビルっぽい廊下


そんな物件の90㎡超えという部屋を買われたお客さまのリノベ事例です。

ご夫婦ふたりともデザイン系のお仕事をされており、
それぞれに、本格的なアトリエをしつらえました。
居住スペースは、
横幅12メートルというワイドスパンを存分に生かした大きなワンルーム。
ですが、だだっ広いおおあじなカンジにならないように、
パーティション間仕切りと、床の段差や、仕上げ材にてゾーン分け。

・・・・・と、担当者にヒアリングしたら、見どころ出るわ出るわで、
以下キーワード羅列にてご紹介。ヒットするものがありますか??

【職住一致・仕切らない居住スペース・杉の無垢板フローリング・無塗装・コンクリートステイン・モルタル仕上げ・いろんな下地を全部同じ白塗装・オリジナルキッチン・オリジナル洗面台(幅2m50!)・リビングに洗面台・広い部屋の全面リノベ・古くても管理がいいってこんなカンジ・・・・・】

K.jpg
鋭意制作中のオリジナルキッチン

D.jpg
ダイニングテーブルを含め、たくさん造りつけ家具を作っているのも見どころ!



【ぜひ!】12時・13時・14時00分~約20分間、本物件の設計担当者による
室内説明ツアーをおこないますので、じっくり説明を聞かれたい方は
お時間をあわせてご参加くださいませ。

みなさまのご予約をお待ちしております!!

・ご入居前の個人住宅を「これからリノベする方の参考になれば」というご好意で1日お借りしております。ちいさなお子様連れの方もOKですが、抱っこしていただく等のご配慮をお願いいたしますね!

_________________________
M邸
こちらはゴールデンウィーク前に開催した見学会の様子。
物件担当者が待機して、ご質問にお答えしております。
その物件のことでなくてもいいので、何でもお気軽に聞いてみてくださいね!


* 会報誌「ACB」ただいま第5号配布中!バックナンバーはコチラ
* 会報誌「ACB」をはじめ、リノベ見学会や新着不動産情報が届く!会員登録はコチラ

___________________


【2009/05/19 17:07】 | イベント | page top↑
竣工☆レポート@千里中央
竣工レポート、たくさんの方にご愛読いただきありがとうございます!
できたての物件を、実際の担当者のナマの声で解説していますので、
A&Cのスタッフもけっこう読んでしまうんです。

さて今日ご紹介するのは、千里中央のマンション
25年程たった今もシンプルな外観が格好よく、
さらに廻りの植栽と相まって良い雰囲気をかもしだしている、
遠藤剛生氏設計のマンションの一室をリノベーションしました。
202_soto2.jpg

________________________________

A&C竣工レポート 2009_5
設計デザイン・工事監理 木村久美子


既存の間取りも長方形の一般的なタイプと違い、
小さい正方形の部屋を雁行させて組み合わせたような形状です。 
このタイプ、大空間は作り辛いのですが、
今回のお客さんの住まい方には相性ぴったりでした。
k01.jpg

真ん中の広いリビングでは家族みんなでワイワイがやがや。
距離をとりたい場合は両端に分散している個室でくつろぐ。 
既存の間取りをほぼ利用し、部分的に広くしたり、小部屋に分けたりすることで、
ご希望の生活スタイルに当てはまるものに変わりました。

k02.jpg


内部は綺麗だったので、使える部分はそのまま使い、
手を加える部分は妥協せずに気に入ったモノを使いました。 
その気に入ったモノの一つがナラの床材。 
正方形に加工されたパーケットと呼ばれる無垢フローリングで、お好みの色に塗装しました。
木目が柔らかく落ち着きます。 
年を重ねても味わい深い無垢の床はやはり見ても触れても気持ち良いです。

k03.jpg


広いLDの隣にタタミスペースを配置しました。
フチナシ畳で和モダン的なので開けっぱなしていても違和感ナシ。
フスマをしめると客間としても使えます。

k04.jpg


玄関や洗面トイレは渋く落ち着く雰囲気にする色目を選び、
明るいリビングダイニングと対照的な空間にしています。

k05.jpg


お客さんがご自分達に合ったよい物件を選ばれたので
あまり大きな改装をしなくても希望に合った住まいに変身しました。

リノベーション予算が完全に決まっていた為、
設計途中に予算が合わず諦めて頂いた事項もありました。が!!! 
”こういう風に住みたい”という生活イメージをしっかり持っておられたので
本筋は全くブレず、暮らし方にしっくり合う家になったように思います。


【木村久美子】

「いいなぁ~」と思ったアナタ!
ストリノ講座【設計デザイン編】ただいまご予約受付中~☆

_________________________________

* 会報誌「ACB」ただいま第5号配布中!バックナンバーはコチラ
*  リノベ見学会や新着不動産情報が届く!会員登録はコチラ

__________________________________

テーマ:リノベーション - ジャンル:ライフ

【2009/05/14 14:50】 | ふたりで暮らすリノベーション | page top↑
オフィス竣工☆レポート@中央区
住まいのお仕事がメインのA&Cですが、
長時間いる居場所ということでは同じだ!という訳で最近よくオフィスのことも考えます。

今回はWEB製作会社さんがオフィス拡張を機にリノベーション!ということで、
細かな要望のリストをいただき、雰囲気などは「まったくお任せです、考えてください」
とのリクエストをいただきました。フム。

____________________________

A&C竣工レポート 2009_5
設計デザイン・工事監理 岩田雅希


カッコイイ感じの現オフィス、ビルもコンクリート打ちっぱなしでシュッとしてるし・・・、
「今の雰囲気にとらわれない提案」がご希望とのことで、わたくし考えました。

まず条件を整理します。
一日中液晶モニタと向き合って、個人プレー的に黙々と作業されるこの人達のオフィス。
拡張する部分は会議室や待ち合いのほかにライブラリという「休憩」スペースにも使います。
今までにはなかった大きな窓が二面、全体は二区画を一つにした250㎡以上の大空間。

kizonn.jpg

そこで提案したのは
①広さを感じるべくゆる~くだけ区切ったワンルーム使い
②家のような居心地のよさを、木の床や家具で演出

なんかちょっとヘタウマの漫画みたいで恐縮ですが、こんなイメージを提出してみました。

室内スケッチ

ほぼ提案どおりに進んで完成したオフィス。

・1フロアまるごと使うので、EVホールも独占。白いタイルを張りました。
EVH.jpg

・ひと足入ればたくさんの木が目に入ります。ガラス越しに広がるチークの床。
teak.jpg


・間仕切りの棚も上はオープンに。天井が続いて見えるので広々感があります。
 並んでいるクマはときどき被ってるそうです。ツタ系のグリーンを置く予定とか。
OPENshelf.jpg

・広く広ーく感じるため、床をEVホールから部屋の奥の奥まで同じ色柄に。
大柄の3色市松ナナメ張りは、大面積ならでは。
素材としては以前も同じタイルカーペットでしたが、気分がガラリと変わります。
ichimatu.jpg

・ライブラリが面する吹き抜けには出ることはできませんが人工芝を敷いてみました。
ちょっと上等な人工芝なのでなんだか自然な緑がチラ見え。ホッとできるかなーと。
jinnkoushiba.jpg


すごく忙しくて会社に寝泊りすることもチョクチョクあるという皆さん。
自分のデスクから離れてチーク部分に来ることで気分転換もできたらいいな・・・と思います。

いまのオフィスを拡張するという計画でしたので、
お仕事の隣で仮設の壁一枚挟んでガンガン工事をしていたにもかかわらず、
皆さんとっても協力的ですべてがスムーズ、
しかも挨拶も爽やかな清清しい若者揃いのステキな会社。
職人一同とてもいい環境で作業させていただきました。感謝。

余談ですが、こちらの社長さんは古田新太のファンだそう。
ある日うちの電気屋さんに「あっ!古田新太に似てますねっ!!」となぜか大喜び。
本人は「オレは吉川晃司に似てるんやけど・・・」と不本意ながらも
やけに和気藹々と楽しい一幕でした。

家具やグリーンが入って完成するのが楽しみ。ますますのご発展をお祈りしております!

均質化されていないオフィス、住宅同様に可能性は無限大ということを
いくつかのオフィス作りに参加させていただく中で実感。
自分自身の働くデスクをふと見つめなおしてしまいました。
(散らかり過ぎやしおもちゃ多過ぎ・・)

【岩田雅希】

______________________________

オフィス探しやオフィスリノベーションもお任せくださいませ!
やる気満々でお待ちしております!!

* 会報誌「ACB」ただいま第4号配布中!バックナンバーはコチラ
*  リノベ見学会や新着不動産情報が届く!会員登録はコチラ

__________________________________________________________________

テーマ:リノベーション - ジャンル:ライフ

【2009/05/07 16:54】 | オフィスやショップのリノベーション | page top↑
竣工☆レポート@樟葉
できたてHOTなリノベーション事例をご紹介する【竣工☆レポート】
さわやかな季節にぴったりの、緑ゆたかな枚方市樟葉のマンションリノベーションです。

枚方市の「くずは」に始めて行ったのは、お客さん立会いのもと、物件を見に行った時。
物件を見た後に打合せの為、駅前の「くずはモール」内にあるカフェに入ったのですが、
その風景がお二人にピッタリ似合っていて、この場所に住まわれるイメージが沸きました。
そんなお二人のマンションリノベーション事例です!

A&C竣工レポート 2009_5
設計デザイン・工事監理 合田 昌宏

「環境と住まい手がピッタリ合う家」


間取りは、広い空間を活かした1LDK+ウォークインクローゼット。
陽光は、南の窓から1日はいり、そこから見える風景もなんだか穏やかな感じ。
(淀川沿いにゴルフ場があって視界が広がっています。)
view.jpg

風もウォークインクローゼットを通り抜ける様に両側に引き戸を設置し、
北側の湿気の多い独立した部屋が出来ない様、工夫しました。

写真B


打合せの時に、持って来て頂いた大きなキッチン図面を
どうレイアウトするかが、設計のポイントとなりました。
玄関入って、正面に配されていたリビングの入口ドアを思いきって移設。
キッチンカウンターより上にFIXのガラス窓を設け、玄関にも明りが届くようになりました。

写真C
写真D


洗面スペースも普段は、広く使ってもらう為、扉を排除して廊下からオープンに!
(これは、お二人がほかのお客様の施工例を見学した時にピンと来たそうで、案を頂きました。)
 →図面だけの打合せでは、出てこなかった話です。
実際に施工例を見て、いろいろ話した事も良い経験になりました。

写真E


通勤の事、買い物の事、親の事などいろんな環境があるけれど、
お二人が住まうに相応しい環境が見つかったのではないか?と思います。

住みながら、家族構成の変化により間取りを変更する事は、可能です。
それよりも住まい手に合った環境探しがすごく大切だと感じた物件でした。


そして・・
我が家も次の住まい(環境)を探し中!
近所に公園が出来たけど、ふわふわしたゴムのグラウンドに樹脂製の遊具。
広くて綺麗ですが子供達も何か違和感を感じています。
土や川で遊び、自然好きの我が家が目指す次の環境は、「田舎暮らし」です。

【合田昌宏】
___________________________

ちなみにアートアンドクラフトでは、担当設計者だけではなく、数人でチェックをする機会をつくっています。これは「木工事完了時」といって、大工工事が終了して設備や内装の作業に入る前の段階。
複数で確認することで、見落としなく、よりよい方法を提案し合えたりするのです。

mokkan.jpg

* 会報誌「ACB」ただいま第4号配布中!バックナンバーはコチラ
*  リノベ見学会や新着不動産情報が届く!会員登録はコチラ


_____________________________


テーマ:リノベーション - ジャンル:ライフ

【2009/05/01 12:52】 | ふたりで暮らすリノベーション | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。