スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
竣工☆レポート@西区阿波座
「もっとリノベーション事例が見たい!」
そんな声にお応えしてupしております「A&C竣工☆レポート」

先日、会員さま限定の「リノベ見学会」も開催したマンション。
見学会当日は雨にもかかわらず、多くの方にご来場いただき、ありがとうございました!
実物をご覧いただいて自分はこうしたい、ああしたい、など具体的なご感想を聞くことができました。

photo1.jpg

設計担当、枇杷の現地説明は人があふれかえりましたが、
設計者ならではのこだわりを聞いていただけたと思います。
(ちなみに見学会史上最高のご予約件数を更新しました☆)
______________

A&C竣工レポート 2009_1
担当コーディネーター 梅山知里

物件が見つかってから早5ヶ月。
無事引渡しを済ませ、胸いっぱいの気持ちでレポートを書いています。
以前の状態は事務所だったので土足で使われており、お風呂もキッチンも使えない状態。
とにかく住める状態に、設備も一新、というところからのスタート。

設備機器はシンプルでいい、とのご要望でしたので、
この辺りの打ち合わせはとってもスムーズでしたが、
時間をかけて打ち合わせに臨んだのは、なんといってもリビング一面の床素材です。

予算内で、でも木の温かみを感じる部屋にしたい!、というご希望で、
通常は壁や床の下地に使う松の合板をタイル状に切って敷いているのですが、
サンプルをつくり、色を確認していただいたり、私たちも楽しく打ち合わせを進めることができました。

photo3.jpg
(^_^)/木目が見える着色は天然の顔料を使った油脂なのです◎

できるだけ明るく、圧迫感がないように工夫されたエントランスは
天井を撤去し、リビングからの光が入るよう建具にはガラスをはめ込みました。

photo4.jpg


他にも「明るく、広く感じるように!」をモットーに無駄な壁は撤去したパウダールーム。
一般的には隠す配管を、壁を撤去し大胆に見せっぱなしにしています。
ストライプ柄の壁紙と配管がなんだか合ってませんか?

photo5.jpg

小さいけれど建具の戸車を見えるようなデザインにして遊び心を加えたり、
配管を新品に入替えたりと、見えるところも見えないところも気配りしています。

photo2.jpg


今回の事例では、
お客さまがご自身の中で実現させたいことの優先順位をきっちりお持ちだったことが、印象的でした。
そのため予算をメリハリをつけて使うことができました!

シンプルですが、お子さんの成長に合わせて手を加えるなど、
今後も楽しめそうなお部屋に仕上がりました。
私も一緒に勉強させていただきました、ありがとうございました!!

____________________________


* 会報誌「ACB」ただいま1/20発行の第4号配布中!バックナンバーはコチラ
*  リノベ見学会や新着不動産情報が届く!会員登録はコチラ

スポンサーサイト

テーマ:リノベーション - ジャンル:ライフ

【2009/01/27 11:49】 | ふたりで暮らすリノベーション | page top↑
掲載誌のご案内♪
2009年最初に掲載いただいたのは、
1月10日発売の CASA BRUTUS 2月号 「最強・最新!住宅案内2009」と、 
1月15日発売の LiVES 43号「住まい&ライフスタイルカタログ2009」 です!
A&Cの記事ももちろんですが、全国の面白い住まいがたくさん掲載されていて、
読んでいるだけでもお腹いっぱいになりますよ~

IMG_0010.jpg

A&Cからは、秋にリノベ施工例見学会を開催したお住まいが各誌1邸ずつ掲載されています。実際に見学会にご参加いただいた方は、また一層興味を持って読んでいただけると思います。

今回はスタッフの取材もあり、写真映りが良いだの悪いだのと、
「そんなことは読者にはどーーーでもええねんっ!」なことに目がいきがちな私たちですが、
それは本当にどうでもよく、
「中古×リノベーション」が住まい選びの選択肢の一つとして確実に認識されていることが
ずっとこの方法をイチオシしてきたA&Cとしては本当に嬉しいと思っております。
「リノベーション、こんなに立派になって・・・(涙)」的な気持ちでしょうか。

登場いただいたお客さま、取材スタッフのみなさま、ありがとうございました!

IMG_0011.jpg

Livesには昨年大好評のうちに終了した「クラフトアパートメント#9pilot」も大きく紹介いただいております。
オープンハウス開催時と掲載写真の家具は、南堀江のヴィンテージ家具スワンキーシステムズさんにお世話になりました。人も店も、とてもステキな家具屋さんです、インテリア探しの折にはぜひ!
______________________

* 会報誌「ACB」ただいま第4号配布中!バックナンバーはコチラ
*  リノベ見学会や新着不動産情報が届く!会員登録はコチラ
【2009/01/17 12:35】 | 掲載誌など | page top↑
竣工☆レポート@豊中市
「もっとリノベーション事例が見たい!」
そんな声にお応えしてupしております「A&C竣工☆レポート」

2009年最初にご紹介するのは、豊中のマンション
アートアンドクラフトで物件探し・不動産仲介からさせていただきました。

______________

A&C竣工レポート 2009_1
リノベーション設計・工事監理 木村久美子


当初イメージは”ボラボラ島のリゾートコテージな感じで”と打合せが始まったのですが、
進めるごとに直球リゾートはちょっとやりすぎで飽きるかも?!との流れになり、
最終的には渋い焦げ茶色で全体をまとめ、
そこにご夫婦揃ってお好きなアース系なピンクをポイントで使うことになりました。

 廊下


間取りで大きく改装したトコロは、LDKを大きいワンフロアにした事と、水廻りの一新です。

フローリングや木の造作、巾木や廻り縁を焦げ茶でまとめ
全体的にと~っても渋く落ち着いた空間ができました。 
が、そこに味をだしてくれたのが何といってもピンクです。

焦げ茶空間からチラッと見えるキッチン床や靴入れのダルなピンクがなんともキュート。 
実は対面キッチンのシンクもさりげなくピンクなんですよ! 

LDK03.jpg

 

裏方だけど良い仕事をしてくれたのが塗りなおした建具だったりします。
ピカピカつるつるの新しいものばかりだと少々息がつまりがちなことってありませんか?
建具の既存利用って地味ぃ~ですが、
古いものを一つ二つ使うだけで真っサラ感を優しく中和してくれるんです。

 LDK02.jpg


以前と同じ位置でお風呂を大きくしました。 
実際は廊下や洗面スペースが狭くなったのですが、
洗面室の壁を作らずオープンにしたことで、洗面スペースが広く感じられ、
さらに廊下も広く開放感がでて一石二鳥な空間が出来上がりました。

 
洗面


今回もお客さんからいろいろ教えて頂きました。 
やっぱり一番は渋~い焦げ茶色にピンクをあわす技。 
カッコいいのにちょっぴり甘いこの感じ、なかなか素敵です。
感化され少しピンク好きになりましたもの。 
最後になりましたが楽しくお仕事させていただき有難うゴザイマシタ!!! 

_____________________

* 会報誌「ACB」ただいま第3号配布中!バックナンバーはコチラ
*  リノベ見学会や新着不動産情報が届く!会員登録はコチラ

テーマ:リノベーション - ジャンル:ライフ

【2009/01/09 11:09】 | ふたりで暮らすリノベーション | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。