スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
クラフトアパートメント 完成間近~★
クラフトアパートメント最新作、竣工いたしました!

ただいま微調整などの手なおし中。そして広告等、おひろめの準備にとりかかっております。

目指したのは「デザインされたベーシック」

作りこまれすぎたデザイナーズマンションでもなく、単に個性がないだけでもない
いま、いちばん探しても見つからないのがこの「作りこみすぎていない」住宅。

これができるのは、リノベーションの場数が違うアートアンドクラフトだからこそと自負してます!

ca3.jpg


人でいうなら「主張しすぎず地味すぎない、雰囲気のある人」?
そして「年とるごとに魅力が増す」素材をたくさん使ってます。


ca2.jpg


どんな方が買って住んでくださるのか。主を待つキッチンです。

_______________________________________________


クラフトアパートメント#9 pilot 【北区同心】
11月1日~リリース予定です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


スポンサーサイト

テーマ:リノベーション - ジャンル:ライフ

【2008/09/29 17:00】 | イベント | page top↑
芦屋市リノベーション見学会 予約開始します

受付終了いたしました
毎回大盛況の<リノベーション事例見学会> この度は芦屋にて開催です。【要予約】

フランス額装の教室とアトリエのため、もともと一軒家をお探しだったお客さま。
しかし阪神間ではなかなか手頃な価格のものがない!
そんな中A&Cで紹介したこのマンション、なんと150㎡という専有面積!一軒家より広いかも。
そして更にバルコニーと専用庭で100㎡以上というスケールのお宅。
これなら十分自宅兼アトリエにできますね!ということで決められました。

広いお部屋をこのように全面解体して、リノベーション工事進行中、ただいま仕上げに入っています。

解体

10月5日(日) 11時~15時まで (最終受付14時30分)
場所は芦屋市翠ヶ丘  阪急電鉄「夙川」駅、またはJR「芦屋」駅より徒歩。
詳しい地図はご予約いただいた際に返信させて頂きます。

担当者より今回の見どころを

「この広い部屋をアトリエ+1LDKという贅沢なプランにしました。ひと部屋が広いので、床材なども大面積使いの迫力があります。古木のようにスクラッチ(ひっかき)仕上げをした幅広のフローリングや、所々に使ったアンティークの扉や飾り窓もいい感じです!」

「いま一戸建てを探し中で、なかなかいいのがない~と停滞している方、マンションでもこんな広い戸建て感覚のものもあるんですよ、不動産探しもちょっと視点を変えてみてはいかがですか?」

アンティークの飾り窓。 いいカンジです~
CIMG5706.jpg


10月4日 17:00 受付終了いたしました。 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
【2008/09/19 16:43】 | イベント | page top↑
クラフトアパートメント 新局面へ!
中古マンションの一室をリノベーションし新しい都心居住のスタイルを提案する、
『クラフトアパートメント』シリーズ 
1998年から始まったこのシリーズも10年目を迎え、
少し視点を変えたパイロット(実験)版を提案します

◆ ◆ ◆ ◆

デザイナーズ住宅、リノベーション住宅 増えてきました。
でも選び放題かっていうと、そうでもない、、、ですよね?

「そこまでせんでええねんけどなぁ、で高すぎやろ!」
「力入りすぎてて、もはやダサっ」
「もうちょっとほどほどにカッコいいのってないの?」
日々、住まいを探す人たちと接している私たちだからこそ
特に若い世代からそういう声をよく耳にするようになりました。

わかりました、ないのならつくってしまおう
と、アートアンドクラフトの20代を中心としたチームがこのたび受けて立ちます!

ca9

『着心地が良くてコーディネートしやすい服みたいな家がいいなぁ』
『そうそう、それで家で洗える服、みたいな』
『自分らしく使いこなせる家がええんちゃう?』
『キメすぎはカッコ悪い!ハズシ感は必須で』
『自分が買えない値段のものって興味なくなるよね』

デザインに正解はないけど
いまの自分たちにぴったりの家、つくります!ということで
クラフトアパートメントvol9が、北区同心で工事進行中

これまで家を「買う」なんて思ってもいなかった人たちが
「これなら欲しい、そして買える!」と思ってもらえる、
20代の、20代による、20代のための、リノベーション住宅。
なんですが、
51歳の大工棟梁もノリノリ、20代なんてはるか昔のスタッフもワクワク
そうそう、こういう高揚感のある家づくりっていいよなぁ、
とリリースが楽しみで仕方ない担当外スタッフです。
(担当チームはまだ楽しむヨユウはなさそう?)

ご期待ください。11月1日、リリース予定です。


テーマ:リノベーション - ジャンル:ライフ

【2008/09/06 11:58】 | 不動産  | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。