スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
モダンに齢を重ね続ける ヴィンテージマンションリノベ事例
西宮市にあるヴィンテージマンション(昭和43年築)
A&Cいちおしのこのマンションで、4件目の事例
重厚でモダンな建物の魅力に射ぬかれた夫婦の暮らしです




おふたりは初めに、ひとつのカップを持ってこられ
その手触りと造形的な美しさを手掛かりに、
目指す暮らしの空気感やベクトルを設計者に伝えられたそう。

訪れてみると、隅々までその空気感が漂う暮らしでした。

---

まずは、玄関をあけてみます
nishinomiya.jpg
ここは、この先にひろがる居室の前段的な空間です。
その日来ていたコートや靴カバンをしまえる場所を作っているので
余計な家具を置かずすっきり広い。



そこを過ぎて、いざリビング!

好きな建物は
バリのリゾートホテル“アマンキラ”に、かの“サボア邸”
どちらも石と庭園と共存する回廊が印象的な建物です。
そのエッセンスをアレンジして取り入れました。
nishinomiya (3)
天井が低いので床を明るく、壁に濃いめの色合いをということで、
床は石にも見えるリノリュームを大胆に。
バルコニーは大きく枝を広げる木々がちょうど正面に見える高さ。
雨も似合います。


門型にかまえる構造体(壁・梁・柱)を逆手にいかした
オープンキッチン。低く籠れる感じに落ち着きます。
奥には1.5畳分ほどのパントリーがあってストックなどを隠して常備。
nishinomiya (5)


玄関からの視線をやんわり遮るこの家具は、
実はアイロン台も兼ねて設計しました、便利!  
nishinomiya (6)
      

黒い引戸の向こうは縁側のようなインナーバルコニー
nishinomiya (7)
何の為というわけでもない余白的空間があることで
全体におおらかさが広がります。


中庭から光が注ぐ寝室
nishinomiya (4)
開放的な寝室に躊躇される方も多いと思うのですが
家の中の一等地に寝室を配置することで生まれる
気持ちの良い目覚めって本当に本当に贅沢です。

---

中庭に広がる自然が魅力でした。人の手によって植えられた植物が
長年かけて本物の自然になる。それは新築の物件では絶対得られないもので、
どう建築に取り込んで、楽しむのかを一番に考えながらプランニングしました。
(担当建築士 東山)

nishinomiya (2)
まるでずっとここに住んでいるかのよう。


自由設計型リノベーション/西宮市/マンション108㎡
設計・工事監理:東山烈
コーディネーター:中村美保
購入+リノベ費用 約3000万円



同じマンションでの、別の事例はこちら⇒ 
設計ではお互いに参考にしあうなんて場面もありつつ、それぞれの暮らしを楽しまれていますよ。


    ■ リノベ前提の不動産探し、オーダーに合わせて承り中です。まずは会員登録を!■

スポンサーサイト

テーマ:リノベーション - ジャンル:ライフ

【2012/07/14 21:32】 | ふたりで暮らすリノベーション | page top↑
譲れないものを知る! 眺望重視派 リノベ事例 
左は生駒から右は明石まで。南は大阪湾の対岸まで?
視力次第でどこまでも見えてしまいそうな景色の中に浮いているような家。
季節が変わるたび、あの家に訪れたいなあと思わせる
20代夫婦の暮らしのレポートです。

mikage (3)

〇シンプルなワンルームの空間に暮らしたい
〇もともと濃く渋い色見が好きだ、というおふたり。

部屋全体が旗状のカタチをしているので
どうしたって広くできない廊下は
あえて天井と床の色を暗く落とし、奥へ誘導されるように作りました。

mikage (6)


廊下の壁は、既存再利用したアーチ型の建具に
雰囲気をあわせて、腰高で上下に塗り分け。
mikage (4)


廊下を抜けると
明るさがまぶしいくらい!居住スペースが広がります。

濃紺のPタイル、鋼板の壁、コンクリートブロック、そして躯体あらわし天井と
大きな面積で異素材を大胆に組み合わせた提案は
ちょっと攻めすぎでしょうか…?な心配をよそに
「パンチがきいてて個性的で、眺めていて楽しい!」と即採用。

できあがってみると
杉の床とベランダの向こうに広がる新緑&眺望で
ハードさは和らげられて、こんなバランスに。

mikage (2)


鋼板の壁の向こうはキッチン。
対面にしたいけど丸見えにはなりたくない、とのご希望から
この高さに設定してあります。

mikage(1).jpg


白いブロック壁の奥はベッドスペース
mikage (5)


「物件購入+リノベ費用+諸費用=2000万円以内は実現可能でしょうか?」
はじめて問合せて来てくださった時のコメントです。

設備の入替も含めた全面リノベーションで
「私たち夫婦2人の要望をまとめるには予算が足りないかもと思いましたが
 A&Cの皆さんがうまく調整してくださり、満足いくものが出来上がりました」

--
そのヒントは、リノベーションだけではなくて
ストックのコストを抑える為に、ふたりが譲ったのは駅からの距離。

日々の買物も便利な宅配サービスを利用すれば案外困らないし、
たまにヒールで駅まで走ることもあるけど、時間に余裕をもって生活をする習慣がつきました!
あと、住むまで知らなかったですが、スイーツの店が多く
街自体もまだまだ楽しめそう、とのこと。

物件探しもリノベーションも、コダワリは本当に人それぞれ。
あなたの譲れないポイントは何ですか??



自由設計型リノベーション/神戸市東灘区/マンション62㎡
設計・工事監理:木村久美子(A&C)
コーディネーター:岡崎 麗(A&C)
【2012/05/30 22:01】 | ふたりで暮らすリノベーション | page top↑
好きなものはひとつじゃない!mix style renovation
いざリノベーション計画が始まったら、あれもやりたいこれもやりたいことが。
何を優先させるべきか迷ったり、クセの強いものを取り入れると飽きるかも・・と
シンプルに収める方も多いのですが、こちらはこだわりの雑貨店オーナーのお宅という
こともあり、いろいろな要素やアイテムを上手く取り入れておられます。

そういえばワクワクするようなお店って多種多様で雑多にモノがたくさんあるのに、
何だか心地いいんですよね。そんな「自分基準軸」のリノベーションとは・・?

2 000003_800_512

まず玄関を開けるとアイアン格子の入った黒い扉、ぱっと目を引く赤い扉、
そして100足超えの靴がディスプレイのように並んでいて独特な迫力ある空間。
背板部分はガラスになっていて、
裏側にあるクロゼットの照明をつけると廊下までキレイな灯りがとどくのです。
1 000002_800_512
赤い扉を開けてみると、白黒のPタイルが印象的なベッドルーム。
反対側の引き戸を開けると、一転して爽やか。
ブルーのモザイクタイルとモルタルの洗面カウンター。
二つの冷たい素材にナチュラルな木目をプラスしてバランスを取っています。
モザイクタイルはお風呂の壁までつながっていますので、
マンションのバスルームでも、視界に広く感じます。
3 000007_800_512

では黒い扉を開けてみると、、
4 000015_800_512
広く明るいLDK、だけど何かフツー家にないものが視界に入る、あれは??

5 000007_800_512
ブランコ!しかも鉄骨梁から下がっています。
気を取られていると足元も曲線にきった土間が。

パステルカラーのキッチン面材、黒板塗料、テラコッタタイル、杉の無垢材と
いろいろな建材や仕上げが上手く収まっています。
6 000009_800_512

クローゼットへ続く入口は動く収納棚
棚が扉なのか、扉が棚なのか・・
7 000011_800_512

・・・・・・・・・・・・・・・
担当コーディネーター 大村より

お客様はストリノ2回目という超上級者。
はっきりしたコダワリをお持ちになりながらも、
こちらからの提案も柔軟に受け入れてくださいました。

今まで、見たことのない自慢のポイントその1は
やっぱり秘密の扉でしょうか。
壁の棚が秘密基地の扉みたいにスルスルと
開いたときは、知ってるはずなのに驚きました!

ポイントその2はブランコ。
軽くこいでみると、なかなかの癒し効果があります。
最近は、「ハンモック」が流行っていますが、
お家の中で揺られてるっていいですよね。
 

大阪市北区 S邸
専有面積77.23平米/築33年

Sさんのお店
ファミリーに向けたラブリー&マニアックなセレクト雑貨ショップ kuhn(キューン)はコチラ

担当コーディネーター 大村直子(A&C)
リノベ設計・監理 岩田雅希(A&C)

バルコニーにも大きめの玉砂利をしいてひと工夫!
8 000012_800_512



テーマ:リノベーション - ジャンル:ライフ

【2012/05/18 13:41】 | ふたりで暮らすリノベーション | page top↑
【リノベ住まい】木造一軒家を何気なく和洋折衷
このような、古民家でもないけれど普通の建売ではない木造の一軒家、よく見かけます。
「私の実家!?」と思った方も多いのでは。
昭和55年に建てられた、床面積約80平米の家です。

外観_256

今回はふたりとも働いている大人の親子世帯のリノベです。

LD_400.jpg

外観とかけはなれたポップな住まいも面白いのですが、
この住まいは和風な外観になじむ落ち着いた色合いの、大人の家。
床材はウォルナット、“くるみ”。
扉や縦の部分も、その色に合わせています。

階段_400

キッチンや食器洗浄機の面材も色合わせ!
明るいキッチンに、暗めの色使いはかっこいいです。

K_400.jpg

和室を洋室にすると、細部で消化不良な感じになることもあるのですが、
こういう和洋折衷洋室だといいですね。
和室の板張り天井も、ペイントしてすっきり明るく。
wa1_400.jpg


もとの建物“らしい”リノベ
もとの建具やパーツも無理なく利用できてお得!
濃い色目も、寺院のようでしっくりきます。

古民家や町屋のリノベにあこがれて物件を探す方多いですが、
これがなかなかないんです。
“和”のテイストを残した中古住宅、リノベ向きですよ!
リノベ前提の不動産探し、オーダーに合わせて承り中です、まずは会員登録を!
(ueda)

_____________________

大阪市阿倍野区 木造一戸建て 2階建て76平米
担当コーディネーター:中川富紀子(A&C)  設計・工事監理:岩田雅希(A&C)

テーマ:リノベーション - ジャンル:ライフ

【2012/03/18 16:13】 | ふたりで暮らすリノベーション | page top↑
ヴィンテージマンションでTRUCK FURNITURE! リノベ事例レポート@桃山台 
 A&C リノベーション事例レポート@桃山台

ご入居後の様子をプロの竣工写真とお客さまのコメントでご紹介する【事例レポート】

撮影に行ったのは引っ越されて約1年後。
「自然が多いまわりの環境も影響して、
日曜日にパンを買いに行って家で食べたり、コーヒー入れて飲んだりという、
ゆっくり時間を過ごすことがとても心地よいです。
最近、メダカを飼い始めました。」という30代のお2人は
Webの制作会社(夫)と塾の事務職(妻)。
レトロかっこいい昭和47年築のヴィンテージマンションを1860万円で購入され、
約680万円でリノベーションされました。

AC_Tatara_020_800_512.jpg

「TRUCK FURNITUREの店の雰囲気が好きなので、
その雰囲気を目指しています。」

「こだわったのはフローリング、足場板キッチン、ペンキ塗り あたりです。
ずっと無垢のフローリングにすることに憧れていました。
個人的に、水拭きしたときのフローリングの木の香りが良いです。」
AC_Tatara_002_800_512.jpg

「キッチンは、足場板で制作していただいたのですが、思っていたよりハードな感じはなく
ナチュラルに仕上げていただきました。
木のぬくもりがあります。
料理するのが前より好きになったような気がします」

AC_Tatara_014_800_512.jpg

「ペンキ塗りは、
全部やってもらうのではなく、
自分たちの手を動かして塗ったことで、愛着がわいていますし、自信も少しつきました。
できることはやってみようという気持ちも生まれ、
今後も少しずつ、自分たちで工夫したいと考えています。」
(部屋の塗装はほとんどお二人でセルフペイントされたのです!)
AC_Tatara_007_800_512.jpg

「リノベーションしてみて、
自分たちで作り上げていく楽しさがありますが、自分たちの知識では難しい部分もある。
実際オリジナルのキッチンをつくるまでは良かったが、
その収納方法などまだ解決できていなくて試行錯誤しております。
でも新築の一戸建てやマンション(既製品)を見学して回ると、
残念なフローリングが多かったが、リノベーションを選択することで、
クオリティの高いフローリングが実現できたことはとても嬉しく思っています。」

AC_Tatara_006_800_512.jpg

ブログを見ている方にメッセージなどあればお願いします!!
「夏のペンキ塗りは危険です。」(なるほど!)

リノベ設計・工事監理:岩田雅希(A&C)
コーディネーター:中村美保(A&C)

写真:増田好郎
____________________________

この地域に引っ越して来られて、
おすすめ情報など教えてください!とお願いしたところ
「いいところは、自然が多い・クーラーなしでOK(超エコ)」
・サニーサイド(パン屋) ・バフストックヤード ・ポパンクールカフェ ・開運丸
いろいろ教えてくださいました◎


■ 中古不動産をリノベーションして自分だけの住まいを手に入れよう!
まずは会員登録を!
■ A&C on twitter @_Arts_Crafts follow me !
■ Do you like it? facebookpage

テーマ:リノベーション - ジャンル:ライフ

【2011/09/13 17:41】 | ふたりで暮らすリノベーション | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。